片付けダイエット私はお片付けやお掃除ブログを読むのが大好きなんですが、部屋が片付くにしたがって、多くのブロガーさんが「痩せた」「肌がきれいになった」と書いているのです。
部屋がきれいになっていくにつれて、自分もきれいになるなんてまさに一石二鳥。
そこで今回はお片付けとダイエットの関係についてまとめてみました。

片づけはウエイトトレーニングと同じこと

片づけをすると重いものをゴミ捨て場まではこんだり、家具を移動させたりすることが多くなりますね。
足を踏ん張って、重い物を持ち上げる。
そう、これはジムで体に負荷をかけてトレーニングをするのと一緒です。
自然と筋肉が鍛えられて消費カロリーがアップし、体重が落ちていくなんて嬉しいではないですか。

掃除は立派な有酸素運動

片づけをしてすっきりした部屋にいると、掃除も苦になりません。
しかも、物がごちゃごちゃしていた時に比べて汚れが目立ちますから、自然と掃除機かけだけではなくハンディモップや雑巾で床を掃除したくなりますね。
掃除は立派な有酸素運動です。
手を大きく動かして、さっさと雑巾をかけていけば軽いランニングをしたくらいのカロリーを消費します。
さらにお風呂やトイレも掃除をすれば消費カロリーはさらにアップ。より効果を高めるには、意識して体を大きく動かすとよいでしょう。

ちょこちょこ片づけで運動量がアップ

きれいな部屋をキープするためには、「出したものは元に戻すこと」が鉄則です。
本を読んだら本棚にしまい、文房具を使ったら所定の位置に戻しましょう。
このちょこちょことした片づけが意外とよい運動なのです。また、体を動かすことにより腸の運動も活発になって便秘解消にも効果あり。

無駄買いをなくして食べ過ぎ防止

部屋が散らかっていると無駄な買い物をしがちです。
特にキッチンがごちゃごちゃしていると食品のストックを把握できず、気が付けば同じものいくつもある、なんてことに。
そうなると、「もったいない」と余計なものまで食べがちになります。
これがおデブの原因。整理整頓された部屋では何がどこにあるかすぐに把握ができますから、無駄買も減り食べ過ぎもなくなりますね。

掃除が行き届けば美肌効果も

散らかった部屋は掃除が行き届きません。
自分では掃除をしたつもりでも隅の方はほこりがいっぱい。
また、汚れが目立たないのでついつい掃除もさぼりがちに。
このほこりが肌荒れの原因です。
特に花粉やPM2.5が飛来する季節は小まめに掃除をしないと、部屋の中に有害物質がたまっていきます。
また、汚い部屋そのものがストレスになって肌荒れを引き起こしている場合もあるのですよ。
部屋が片付いて掃除をこまめにするようになれば、ほこりもストレスもなくなり、美肌効果が期待できます。

いかがでしたでしょうか?
億劫な片づけや掃除も、「きれいになるため」と思えばがんばれますよね。

もし、この記事を気に入ってくださったらシェアしてもらえると嬉しいです。